チューンナップパーツトップ
チューニングパーツ純正パーツユーズドパーツタイヤ&ホイール

※各パーツ毎のメールオーダーボタンをクリックするとオーダーフォームが立ち上がります。オーダーあるいはお問い合わせにご利用ください。

Exhaust,Engine&Powertrain

Brake,Suspension&Reinforce

Electric&Appearance

previous  1 | 2 | 3 ________________
※表示価格は税抜表示
156用
バイブレーションリダクトメタル
適応車種:156TS/V6/JTS
\32,000.-
  • サスペンションで吸収しきれない突き上げや、エンジン、ミッションといった部分から発生する振動は、ボディへ伝わり、乗り心地を悪化させ、ロードノイズとしてキャビンの静粛性を阻害します。このボディに発生する不快な共振を吸収し、同時にボディ剛性を高めるのが、バイブレーションリダクトメタルです。サスペンションやエンジン、ミッションマウントといった、ボディ剛性のネック、振動の中継点となる主要部品を固定するボルトナットへワッシャーとして装着することによって、ピンポイントで振動を吸収し、大幅に低減する効果を発揮します。さらには、エンジンやトランスミッションから発生する不快な微振動を吸収し、ボルト類の振動による緩みも防止します。
  • この小さな高機能部品の秘密は、しなやかで反発力の高い特殊な材質にあります。装着によって、ボディとパーツの密着力を上げ、捻れ剛性を高めますので、結果としてシャーシー性能は飛躍的に向上。キャビンへ侵入する騒音と振動を抑制することによって、ワンクラス上級モデルの快適な乗り心地と走行安定性を実現することとなるのです。
Mail Order


156用 カーボン製レーシングタワーバー
適応車種:156TS/V6/JTS
\35,000,-
  • ハンドリング性能の向上を求めるスポーツユーザーのために開発致しました。ボディ剛性を飛躍的に高める機能部品です。1.バーそのものが装着時ボディ同様鋼のように硬いこと。2.取付がストラットに面接触で確実に止まっていること。3.軽量であること。オレカカーボン製タワーバーはこの3つの条件を高い基準で全てクリアーしております。
Mail Order

156用 チタン製レーシングタワーバー
適応車種:156TS/V6/JTS
\120,000.-
  • 超軽量レーシングタイプの本格派ボディ補強パーツ。ポイントはボディとの接面積を一体化を図るために大きく確保していることと、製作精度が要求されるものの、ボールジョイント等による調整機構を排除した一体型。コストを無視した剛性重視の設計は、レーシングテクノロジーのフィードバックから商品化した証です。
Mail Order
156用 カーボン製リアストラットタワーバー
適応車種:156TS/V6/JTS
\38,000,-
  • 156の弱点とされるリアセクションのボディ剛性を高める唯一の機能パーツです。剛性不足のリアセクションを強化することによってリアタイヤのグリップレベル、ダイレクト感が飛躍的に向上。安定性とシュアーなハンドリングを追及するオレカならではの本格派アイテムです。
Mail Order

156用 ロアブレースシステム(写真左:スチール製 右:チタン製)            
適応車種:156TS/V6/JTS
フロント\38,000,-
リア \24,000,-
チタン製受注生産 フロント/リアセット¥時価
  • ボディにカチっとした剛性感が感じられないことに不満を持つオーナーの為に開発致しました。スポーツカーとして名高いアルファロメオですが、ボディ剛性不足によるダルなハンドリングへのフラストレーションは少なくありません。そこで、軟なアルファボディを効率よく補強するために、ティームオレカは、レースカーによく見られるボックス構造のブレースを開発致しました。ダイレクトなステアリングレスポンスと高速安定性の実現のため、独自な設計でロアアームの支点に重点を置きメンバーを強靭に補強。また、スカットルシェイクを抑制し、乗り心地を改善する二次的な効果も発揮します。さらに、最低地上高をなるべく確保するために、4気筒とV6モデル専用設計を施しております。さらに、重量増を最小限に防ぐためにチタン仕様も選択可能です。アンダーステア解消の決め手はボディ補強です。
Mail Order
156用 サイドブレースシステム
適応車種:156TS/V6/JTS
\40,000,-
  • アルファロメオ全モデルに共通する問題としてよく指摘されるのが剛性不足によるトラクション、旋回速度が低いコーナリング性能。とはいえ悪戯に補強を入れることは、効果は低く、無意味な重量増を招く結果ともなるだけに注意が必要なのです。開発チームは、156系のボディを入念に解析した結果、補強効果の高いバルクヘッド周辺に着目。バルクヘッドとストラットを連結させることによって、互いの強度を巧みに活用し、大幅な剛性アップを果たしました。ハンドリング性能の向上は勿論のこと、衝突安全性、乗り心地に影響するフロアーの共振をも制御。装着後にまず驚くことは、ドアの開閉感が重厚なものへとなる変化かもしれません。その効果を是非体験して下さい。(写真は156GTA)
Mail Order


156用 強化クーリングアンダーカバー
適応車種:156TS/V6/JTS
\68,000.-
  • 156のアンダーカバーは、ロードクリアランスの不足、そして、強度不足と冷却効果の低さがアルファユーザーの悩みの種となっております。理由は、形状が悪く、下側に垂れ下がる傾向があうため、日常走行でもアンダーカバーが路面と接触、簡単に破損してしまうからです。そこで、純正アンダーカバーに対して、プラス20mmとなる大きなロードクリアランスを確保。
  • また、オイルパンをガードするには、強度が大きく欠けるため、ヒットした場合、破損によるエンジンブローも懸念されます。チームオレカでは、エンジンを保護するアンダーカバーを強化すると共に、エアロダイナミクスを徹底的に追求することにより、冷却効率を大幅に向上。水温の上昇を抑え、渋滞時におけるエアコン効率の向上を果たしました。
  • さらに、高い整流効果によって強いダウンフォースを発生することから、高速走行において、タイヤが路面に吸い付くような高い安定性を発揮します。そして、高剛性のアルミ材を採用しており、フロアーメンバー全体の捩れ強度を補強する効果も発揮することから、運動性能の向上はもちろんのこと、ステアリングのコンタクトフィールにスポーツカーらしいダイレクト感を与えることに成功致しました。
※装着イメージ写真は156JTS
Mail Order

156用 レーシングロールゲージ
適応車種:156TS/V6/JTS
\148,000.〜
*写真はレーシング特別仕様
  • サーキット走行は勿論のこと、スポーツ走行によるアクシデントのリスクは避けられません。クラッシュ時、ロールバーはドライバーの安全性確保に非常に有効な手段となります。チームオレカでは、レーシングチームならではのノウハウを投入し、クラッシュ時のダメージを最小限に抑えこませることをポイントにロールゲージを開発。また、ボディ剛性を大幅に向上させることから、ハンドリングに対しても大きな影響があることは言うまでもありません。
Mail Order

previous  1 | 2 | 3 ________________

Exhaust,Engine&Powertrain   Brake,Suspension&Reinforce   Electric&Appearance