チューンナップパーツトップ
チューニングパーツ純正パーツユーズドパーツタイヤ&ホイール


※商品にはメールオーダーボタンが設定されております。クリックの上、オーダーフォームに必要事項をご記入頂き、送信ボタンをクリックして下さい。

Exhaust,Engine&Powertrain

Brake,Suspension&Reinforce

Electric&Appearance

  previous  1 | 2 _______________
※表示価格は税抜表示
NEW!!
レベライザーアジャストロッド
適応車種:ABARTH124スパイダー
 \5,800,-
  • サスペンションを交換し、車高のバランスを変えると、オートエレベライザー(光軸)の基準が狂ってしまうことがあります。そこで、車体の姿勢認識を補正するための機能部品。純正ロッドと交換とするだけで、簡単に正常な光軸位置へアジャスト可能です。
Mail Order
NEW!!


カーボンルックリアタワーバー
適応車種:ABARTH124スパイダー
 \30,000,-
  • シャシーの剛性不足による不快な振動や共振音を抑え、ハンドリング性能の向上に大きく貢献するリアタワーバーです。124スパイダーの弱点であるリアサスペンション取付部の剛性を高めることによって、スムーズにサスペンションを動かし、トラクション性能を高めます。FRならではのドリフトコントロールも自由自在、ハンドリングのダイレクト感を飛躍的に向上させます。
Mail Order
NEW!!


ピュアスポーツリアスタビライザー
適応車種:ABARTH124スパイダー
 \28,000,-
  • しなやかなフットワークが開発のポイントでした。FRの場合、単にロール剛性の向上させるだけでは、タイヤのポテンシャルを100%引き出すことはできません。最も重要となるのは、いかに大きな荷重をスムーズに両輪に載せられるかです。スタビライザーの交換によって、コーナリグパワーは大幅に向上、ワンランク上のハンドリング性能を発揮します。もちろん、乗り心地の改善も大きな魅力です。
Mail Order
NEW!! ロアブレースシステム
適応車種:ABARTH124スパイダー

ロアブレースシステム フロント
\34,000.-
  • 速く、正確なコーナリングを実現する為に開発。コーナリングワークを支えるフロントサスペンションのピボットを補強することによって、負荷によって発生するジオメトリー変化を抑制、タイヤのメカニカルグリップの向上とステアリングに入るインフォメーションの質を高めることに成功しました。狙ったラインをピンポイントに駆け抜けるイメージを大切にするドライバーにとって最適な補強部品。FRならではの走りの醍醐味がそこにあります。
Mail Order
ロアブレースシステム センター
\40,000.-
  • オープンカーの宿命として、シャシーの剛性不足は大きな悩みの種です。そこで、捩れ剛性をの要となるフロアーを強固とするために設計。ボディの撓みをを抑制し、サスペンションの運動をよりスムーズに働かせることが可能となります。結果として、ステアリングレスポンスがシャープとなるばかりか、高速安定性は飛躍的に向上致します。
Mail Order

ロアブレースシステム リア
\30,000.-
  • トルクフルなターボエンジンを搭載する124スパイダーにとって、パワーを加速方向へスムーズかつ最大限に発揮する為に開発致しました。フロアーとリアメンバーを補強することによって、FRマシンの大きな課題となるトラクション能力を向上し、スポーツ走行でのペースアップに大きく貢献します。また、スロットルコントロールによる挙動制御がより容易くなるので、安心して走りを楽しむことが出来るようになります。
Mail Order
NEW!!

車高・減衰力調整式スポーツサスシステム
適応車種:ABARTH124スパイダー
ベースモデル \300,000,-
全長調整タイプ \340,000,-
  • スポーツカーとして高い資質を持ち合わせる124スパイダー。そのルーツが高いポテンシャルの証明ともいえますが、私達は、オリジナルのサスペンション性能を超えるために、ベースにビルシュタインを選択、より磨きを掛けました。開発の際に重点を置いたのは、フリクションを徹底的に排除し、FRに求められるトラクション、スムーズなフットワークの具現化でした。そのために、12段階ワイドレンジ減衰調整に車高調整機構を装備、日常的な走りで重要となる乗り心地を重視したポジションから、ワイディング、そしてサーキット走行まで、様々なロケーションに合わせて減衰力をきめ細かく操ることを可能としております。さらに、オプションで緻密なセットアップを可能とする全長調整式をフロントに設定、ハイグリップタイヤを履いた際に求められる、高いバネレートにも対応可能です。FRスポーツを自由自在に乗りこなすために求められる高性能、その靭やかな走りを是非ご堪能して頂きたく思います。※写真はイメージ
ビルシュタイン製 B14 サスペンションキット
\220,000,-
  • スポーツライクなシャープな走りを実現するビルシュタイン製 車高調整式スポーツサスペンションキットも取り扱いしております。パフォーマンスとしては、ノーマルのプラスαとなる性能ながら、腰高なルックスを手軽にローダウンできることが最大の魅力です。
Mail Order
NEW!! PANDA Twin Air用 発売開始致しました



強化クーリングアンダーカバー
適応車種:
FIAT PANDA Twin Air
FIAT500 1.2/1.4/Twin Air
ABARTH 500/595/695
ABARTH Punto全モデル
ABARTH Grande Punto
FIAT Punto全モデル
FIAT PANDA Twin Air (写真左) \48,000,-
500 1.2/1.4/Twin Air (写真左) \48,000,-
ABARTH 500/595/695 (写真左) \48,000,-
ABARTH Punto (写真右) \58,000,-
ABARTH Grande Punto (写真右) \58,000,-
FIAT Punto (写真右) \58,000,-
※グレードをご指定下さい
  • 世界で初となったアルファ専用アルミ製強化クーリングアンダカバーを開発した経験をベースに、Fiat専用設計品を、いち早く発表致しました。
  • デザインコンセプトは、冷却性能の向上と、高速安定性を高めること。F1の世界ではトレンドとなっている空力整流スタイルである、ステップドボトムを採用し、強力なダウンフォースと、冷却効果を生み出す機能部品です。また、カバーの面剛性を高めることによって、フロアーメンバー全体の捩れ強度を補強する効果も発揮することから、運動性能の向上はもちろんのこと、ステアリングのコンタクトフィールにスポーツカーらしいダイレクト感を与えることに成功致しました。
  • ダウンフォースは、高速走行時の安定性を向上。路面に吸い付くような走りを提供。また、高い整流効果により、ラジエターを通り、エンジンルーム内へ進入する熱気を効率よく排気することから、低速時から放熱性を飛躍的に向上させます。これにより、高熱による電気関係部品のトラブルとなる要因を排除し、ACコンデンサーの冷えも良くなりますので、渋滞時におけるエアコンの効率向上による、エコ効果も期待できます。
  • ABARTH(Grande Punto,Punto),Grande Punto,Punto用は、オイル交換の際、純正アンダカバー(装備車)のように脱着することなく、ドレンプラグからオイルを排出できるように、サービスホールを設けておりますので、メンテナンスコストの削減にも貢献するなど、さりげない工夫も盛り込みました。No.1デザインの高性能を是非ご堪能下さい。
  • 純正アンダカバーが標準装備されていない車両に装着する場合、別途取付キットが必要となります(2,000円)。
Mail Order

ピュアスポーツボールジョイントブーツ
適応車種:
FIAT500全モデル
ABARTH 500/595/695
左右2個セット \4,000.-
専用グリース \1,000.-
  • 他メーカーでは一般的に部品購入できる消耗部品であるロアアームエンドのラバーブーツですが、フィアットの場合は残念ながら部品供給されておりません。このため、わずか数千円のゴムブーツの破損から、高価なアームアッセンブリー交換を余儀なくされておりました。そこで、ストリートからサーキットまで対応する耐熱性の高い、ハイクオリティなブーツを開発致しました。もちろん経年劣化に対しても純正以上の性能を発揮、レーシングスピードにおける厳しい条件下でもボールジョイントのグリス切れを最大限防御する最後の砦となる、小さな機能部品です。
Mail Order

バイブレーションリダクトメタル
適応車種:
FIAT500全モデル
ABARTH 500/595/695
ABARTH Punto全モデル
ABARTH Grande Punto
\23,000.-
  • サスペンションで吸収しきれない突き上げや、エンジン、ミッションといった部分から発生する振動は、ボディへ伝わり、乗り心地を悪化させ、ロードノイズとしてキャビンの静粛性を阻害します。このボディに発生する不快な共振を吸収し、同時にボディ剛性を高めるのが、バイブレーションリダクトメタルです。サスペンションやエンジン、ミッションマウントといった、ボディ剛性のネック、振動の中継点となる主要部品を固定するボルトナットへワッシャーとして装着することによって、ピンポイントで振動を吸収し、大幅に低減する効果を発揮します。さらには、エンジンやトランスミッションから発生する不快な微振動を吸収し、ボルト類の振動による緩みも防止します。
  • この小さな高機能部品の秘密は、しなやかで反発力の高い特殊な材質にあります。装着によって、ボディとパーツの密着力を上げ、捻れ剛性を高めますので、結果としてシャーシー性能は飛躍的に向上。キャビンへ侵入する騒音と振動を抑制することによって、ワンクラス上級モデルの快適な乗り心地と走行安定性を実現することとなるのです。
Mail Order

車高全長調整式コンフォートサスペンションシステム
適応車種:FIAT500全モデル、ABARTH 500/595/695
車高全長調整式コンフォートサスペンションシステム \178,000,-
前後スタビライザー付セット \250,000,-
オプション: フロントピロアッパーマウント \38,000,-
オプション: フロント用スポーツスプリングセット \18,000,-
オプション: テンダースプリングセット \12,000,-
ストラットトップマウントカバー \1,100,-/1個
  • フィアット500、そしてアバルトモデル共に、乗り心地に満足されているユーザーは少ないようです。その一番の理由は、タウンスピードから高速まで絶えず突き上げるリアサスと、高速走行時に発生するフロントサスの不安定感です。そこで、チームオレカは、快適性の改善と高速安定性にフォーカスを絞り込み、しなやかな走りをテーマにサスペンションシを開発致しました。
  • そうはいっても、ハンドリング性能の向上も譲れないテーマであることは間違いありません。この相反するテーマを両立させるために、フロントに高価な全長調整正式を採用。その最大のメリットとなるスプリングプリロードを巧みに操ることによって、暴れん坊FFの代表とされるアバルトのパワーを100%路面へ伝達しながらも、シャープなステアリングフィールを実現。さらに、ショートなトーションビームの変則的な慣性運動による不快なピッチングも、フリクションを徹底的に低減した大容量ダンパーが包み込むように吸収。絶妙なバネレート選択も巧みの技です。価格は安価ですが、2クラス上のトータルパフォーマンスを発揮する魔法のサスペンションです。
  • また、前後のスタビライザーをセットにしたスポーツパッケージも設定。さらには、よりシャープなハンドリングに拘るユーザーのために、ピロアッパーマウントにバネレートを高めたスプリングキット(フロント)もオップションとして選択いただけるなど、サーキットを実験室と考えるオレカらしいサスペンションへのチューニングもご提案させて頂きました。さらに、フロントサスペンション取付部に雨水が溜まってしまうことから、錆びが発生しますが、これを防止するためのゴムカバーもご用意致しました。
Mail Order

車高・減衰力12段階調整式
スポーツサスシステム
適応車種:
FIAT500全モデル
ABARTH500/595/695
\258,000,-
適応車種:ABARTH Punto全モデル
     FIAT Punto全モデル
\268,000,-
ストラットトップマウントカバー \1,100,-/1個
  • スポーツカーとして個性の強いキャラクターを持ち合わせる500&ABARTHモデル、そしてPUNTOに124スパイダー。ハイパワーなターボエンジンに見合うトラクション性能、そしてコーナリングパワーを与えるために開発致しました。
  • 開発テーマは、日常ユースでノーマルを遥かに凌駕する上質な乗り心地を提供するスポーツカーでありながら、スポーツドライブではライバルに差をつけるハイパフォーマンスサスペンションです。その具現化のために、ビルシュタインをベースに、バネレート、ダンパーレシオを徹底的に改良。さらに、走行条件に合わせて12段階の微調整を可能とする減衰調整機構を装備。様々な感性を持つユーザーに対応すべく、調整範囲のワイドレンジ化を重視しましたので、思いのままサスセッティングを楽しんで頂けます。また、サーキット走行専用にセッティングした、レーシングバージョンのご用意も可能です。ティームオレカならではのセミオーダーシステム商品、お好みのサスペンションをお届け致します。(写真は500(ABARTH含む)用)
Mail Order

KONI製ショックアブソーバー FSD 
適応車種:
FIAT500全モデル
ABARTH500/595/695
\139,000,-
適応車種:
ABARTH Punto全モデル
ABARTH Grande Punto
FIAT Punto全モデル
\148,000,-
  • KONI社独自のFSD機構によって、走行状況やドライビングスタイルに合わせて、自動的に減衰力を調整するガス封入タイプのショックアブソーバー。一般走行時など緩やかにストロークする際には、乗り心地を重視したレートに、そして、サスの動きが早く、大きくなるスポーツ走行時には、ハンドリング性能を高めるレートへと適切に変化する自動可変式サスペンションです。
Mail Order

KONI製ショックアブソーバー SPORT
FIAT500全モデル \116,000,-
ABARTH500/595/695 \116,000,-
FIAT Punto全モデル \120,000,-
ABARTH Punto全モデル \129,600,-
ABARTH Grande Punto \129,600,-
FIAT Panda \109,000,-
FIAT Punto(176) \123,000,-
FIAT Punto(188) \112,000,-
FIAT Coupe \108,000,-
FIAT Multipla(リア) \48,000,-
FIAT Barchetta \123,000,-
  • 減衰力調整機構を備えたスポーツ性の高いショックアブソーバー。オイルダンパーならではの柔やかな乗り心地も大きな魅力です。ドライバーの好みに合わせてハンドリングと居住性のバランスを計ることのできる、唯一の純正交換タイプとなります。
Mail Order

ピュアスポーツスタビライザー
適応車種:FIAT500全モデル、ABARTH500/595/695
フロント \38,000,-
リア(調整式) \38,000,-
適応車種:ABARTH Punto全モデル、ABARTH Grande Punto、FIAT Punto全モデル
フロント \45,000,-
リア(調整式) \40,000,-
※製品写真、装着写真はABARTH500
  • サスペンションを強化することによって、コーナリングスピードは向上しますが、乗り心地は悪くなってしまうものです。そこで、チームオレカでは、この相反する必要性能の次元をワンランク上のスポーティモデルのレベルへ引き上げるために、高価な特殊高張力パイプ材(純正は棒材もしくは装備されていない)を使用し、しなやかで粘りのあるアンチロールバー=スタビライザーを開発致しました。
  • ヨー変化によって発生するタイヤ左右のストローク差、つまりロールを制御することにより、4輪の接地荷重のバランスを常時最適にコントロールすることによって、コーナリングパワーを飛躍的に向上。また、サスペンションのストロークスピードを抑え、タイヤの接地性を高め、乗り心地も向上させることに成功しました。さらに、レーシングカーによって開発された技術として名高いスタビライザーが、マジックアンチロールバーと呼ばれる所以はここにあります。
  • FF車らしい、古典的な走りを示す500&ABARTHのステアフィールは、走りを楽しむには、やや頼りない感じです。そこで、クルマの持ち味を壊すことなく、バランスよく運動性能を向上するために、フロントスタビライザーは、不足する捻れ剛性を37%と大幅に強化。しかも、ばね乗数の立ち上がりを早く、それでいてサチュレートポイントは、安定ストローク領域を長く設定し、コーナリング中のロールを一定に保つことによって、加速時のトルクステアを抑え、パワーを余すことなく最高の加速性能を発揮。さらに、走行安定性、とくに高速走行時のドライバビリティを飛躍的に向上させることが可能となります。
  • リアは、高速走行時や荒れた路面での安定性と、乗り心地を損ねているトーションビームのバタつきを抑えるために、ビームの捩れ剛性の適正化を図りました。開発のポイントは、単に剛性不足のトーションビームを強化するのではなく、オレカ独自の発想の元に、タイヤに近い支点を左右連結させ、アンチロール性能を向上。さらに、3段階の調整機構を設けており、アンダーから弱オーバーステアまで、ドライバーの好みに合わせて、ハンドリング特性を調整できるようにしていることです。直進安定性の向上と、乗り心地の改善が最大の魅力です。
Mail Order

フロントスタビライザー強化 ピロボールリンケージ
適応車種:
FIAT500全モデル
ABARTH 500/595/695
ABARTH Punto
ABARTH Grande Punto
FIAT Punto
\25,000,-
  • スタビライザーのリンクロッドを強化することによって、よりダイレクトで正確なスタビ操作を実現。レーシングカーでは常識的に採用されており、サスペンションの機能を100%発揮させる必須アイテムなのです。また、スパルタンなルックスもレーシングスピリットあふれるオレカならではの仕上げとなっております。※強化スタビライザーも好評発売中です
Mail Order


カーボン製フロントタワーバー
適応車種:FIAT500全モデル、ABARTH500/595/695
\28,500,-
  • キャビンに伝わる不快な振動の原因は、サスペンションから入力される路面の凹凸による衝撃です。モノコックの剛性不足を補い、ボディの共振を抑制し、乗り心地をしなやかなタッチへ改善。また、サスペンションの支点となるストラットタワーの強度を高めることによって、フィアット500が採用しているストラット式サスペンションの性能を発揮するために、最も重要となる大幅なフリクションの低減を実現。結果として、ダイレクトなステアリングフィールと、タイヤのフリップ力向上によるシャープなハンドリングを具現化。弊社オリジナルデザインとなる、取付部を面接触させる技術を踏襲。さらに、シャフトには高剛性カーボンサンドイッチ構造を採用、軽量かつ強靭なタワーバーが完成。新車のフィーリングそのままに、ボディのヤレの進行を抑える効果も期待できます。
  • BMC製OTAエアフィルターを装着した場合、タワーバーが装着できなくなるとお悩みの方はご相談下さい。弊社工場にて、BMC製クリーナーボックスの位置を移動し、タワーバーを装着できるようにする加工を承っております。
Mail Order

カーボン製リアタワーバー & リアフレームサスペンション
適応車種:FIAT500全モデル、ABARTH500/595/695
カーボン製リアタワーバー(写真上) \35,000,-
リアフレームサスペンション(写真下) \38,000,-
  • ねじれ剛性不足による不快な振動や共振音を抑え、ハンドリング性能の向上に大きく貢献するカーボン製タワーバーです。フィアット500の弱点であるリアサスペンション取付部の剛性を高めることによって、スムーズにリアタイヤを動かし、トーションビームのバタつきや、グリップ不足の要因を排除。ハンドリングのダイレクト感を飛躍的に向上させます。
  • さらに、キャビンの静粛性、快適性を改善するために、走行中発生するボディの歪みをしなやかに吸収するダンパー機能を備えたフレームサスペンションも同時発売いたします。
※カーボン製タワーバーと、フレームサスペンションの違いの詳細について、
オフタイムへも掲載しております。是非ご一読下さい。
「粕谷俊二のオフタイム」
Mail Order
サイドブレースシステム
適合車種:
FIAT500全モデル
ABARTH500/595/695
ABARTH Punto全モデル
ABARTH Grande Punto
FIAT Punto全モデル
\32,000,-
  • フィアット全モデルに共通する問題としてよく指摘されるのが、剛性不足によるトラクション、ハンドリング性能のプアーなパフォーマンスです。とはいえ悪戯に補強を入れることは、無意味な重量増を招く結果ともなるだけに、部品の選択には、注意が必要なのです。ティームオレカではボディを入念に解析、効果の高いバルクヘッドとストラット周辺の強化に着目。サイドブレースを装着することによって、飛躍的にサスペンション取り付け部の剛性アップを果たします。結果として、シャープなハンドリングを実現。さらには、衝突安全性、乗り心地に影響するフロアーの共振も抑制。装着後には、ドアの開閉感も変化するほどです。その効果を是非体験して下さい。(装着写真はアバルトプント)
Mail Order
ロアブレースシステム
適応車種:
FIAT500全モデル
ABARTH500/595/695
FIAT Punto全モデル
ABARTH Punto全モデル
ABARTH Grande Punto
  • カチっとした剛性感と、しなやかな乗り心地を求めるフィアットユーザーのために開発した、ティームオレカオリジナル設計によるロアブレースシステムです。
ロアブレースシステム フロント
FIAT500 1.2/1.4/TwinAir \32,000,-
ABARTH500/595/695 \32,000,-
ABARTH Punto全モデル \35,000,-
ABARTH Grande Punto \35,000,-
FIAT Punto 全モデル \35,000,-
※グレードをご指定下さい
  • フィアット&ABARTHのロアアームの支点、そしてエンジンを搭載するメンバーレイアウトは、決して強固な構造とはいえません。そのため、剛性不足から、走行中に受ける応力から捻れを繰り返すため、サスペンションのスムーズな動きを阻害する大きなフリクションが発生します。結果として、落ち着き無くポンポンと跳ねる乗り味となってしまうのです。また、コーナリング性能や、ステアリングのコンタクトフィールに重要となるフロントタイヤの接地性をスポイルすることから高速の安定性に不安感が伴うことになるのです。
  • そこで、メンバーとモノコックを効果的に補強するためにロアブレースを開発、他に追従を許さない4ポイント構造を採用しました。大幅な剛性アップを果たしたシャーシーは、タイヤのグリップ力を高め、フル加速時に出るトルクステア=ふらつきも抑えます。スポーツライクなハンドリング、矢のような高速直進性。そして、乗り心地に悪影響となる不快な振動を抑える効果もあり、快適な走行性能を実現させる、フィアット&ABARTH専用の補強部品です。※写真は500(1.2)
Mail Order
ロアブレースシステム センター
FIAT500 1.2 \14,000,-
FIAT500 1.4/Twin Air \15,000,-
ABARTH500/595(シリーズ4を除く)/695 \14,000,-
ABARTH595シリーズ4 \15,000,-
FIAT500 \15,000,-
※グレードをご指定下さい
  • フィアット500&ABARTHのモノコックは、共用モデルが4WDを設定していることから、フロアーに大きなトンネルが設けられておりますが、この部分に剛性不足となる要因があり、ハンドリング性能をスポイルし、不快な共振の発生源となっています。センターブレースは、ボディ全体の捻れ剛性向上に効果的な、小さな力持ち。走行中の快適性を高めると共に、高速ハンドリング性能の向上を図る上において、非常に重要な補強部品です。 ※写真は500(1.2)
Mail Order


ロアブレースシステム リア
FIAT500 1.2/1.4/TwinAir \25,000,-
ABARTH500/595/695 \25,000,-
ABARTH Punto全モデル \25,000,-
ABARTH Grande Punto \25,000,-
FIAT Punto全モデル \25,000,-
  • リアの突き上げが大きく乗り心地が・・・その原因は、スパン不足のトーションビームと、取り付け部の剛性不足によるスムーズさに欠けるサスの働きがあります。重いビームをしっかりと固定する為にパネル剛性を補強するのがリアブレースです。装着によってビームに掛かる負荷を低減し、正確な働きを補助、コーナリング中のジオメトリー変化(腰砕け感)も抑制するので、滑らかな走行フィールを演出します。ブレースの装備によって最も恩恵を受けるのは、リアシートに座るパッセンジャー。いつも乗っている方であれば、その乗り心地の改善にきっと驚かれることでしょう。※写真は500(1.2)
Mail Order
その他準備中のパーツ多数ございます。ご期待下さい!!

 previous  1 | 2 _______________

Exhaust,Engine&Powertrain  Brake,Suspension&Reinforce   Electric&Appearance